知識・技術の習得

「農業をやってみたい」と思っても、農業や農村生活の体験が全くない方もかなりいるようです。就農後に「こんなはずじゃなかった・・・」では取り返しがつきません。就農前に、農業や農村生活を体験してみることはもちろん、技術を習得しておくことが重要です。

また、農業技術は地域の微妙な自然条件等に左右され、地域によって少しずつ異なります。現在は本やインターネットなどで多くの情報が得られますが、あくまで基本的・一般的なことなので参考にしかなりません。

「やってみたい農業の種類」と「就農したい地域」が決まったら、その地域で、研修を受けることが有効です。

親類縁者、または知り合いなどに農家があれば良いのですが、無い場合には関係機関から紹介してもらうことになります。但し、単に「農業がどんなものか見てみたい」程度の気持ちで研修を受けようとしたり、中途半端な気持ちで参加し途中で投げ出すような姿勢が見られると、農家を紹介できないこともあります。

また、お問合せいただければ用途に沿った就農支援講座をご紹介いたします。

知識・技術の習得の画像

福岡県農業大学校(研修課)

福岡県農業大学校の詳細情報
内容 実習:希望する品目の生産及び販売管理、演習:個別経営計画の策定、講義
期間 6カ月以上、1年以内(原則として年度をこえない)
費用 テキスト等資料代、作物栽培に要する資材代等の実費を負担
募集定員 年間20人以内
対象者
  • 1.県内で就農を志す者
  • 2.就農して間もない農業者
  • 3.品目転換を志す農業者
選考
  • 1.書類審査
  • 2.面接(書類審査合格者のみ)
お問い合わせ先 福岡県農業大学校
〒818-0004 筑紫野市吉木767番地
電話番号:092-925-9129
FAX:092-925-2411
ホームページ <福岡県農業大学校> http://www.fuknodai.jp/(外部リンク)

※詳しい内容、募集スケジュール等は直接お問い合わせください。

ひと言アドバイス

「農業法人への就職、研修」も農業の世界に入るひとつの手段です。

農業法人とは、一般的に農業を営む法人を示す総称ですが、中には農産物の加工、販売、農作業の請負を行っているところもあります。

PAGE TOP